瞑想 安心

瞑想するほど安心できる:瞑想:気持好く楽しみましょう

瞑想すればするほど安心感が充足してくるような方法が良いですね。本来瞑想は悩みや雑念が無くなっていくような方法なので、当然安心感が満ちあふれてきます。:瞑想するほど安心できる:瞑想:気持好く楽しみましょう

瞑想するほど安心できる

私が行なっている方法は、瞑想すればするほど安心感が広がってくるように感じます。
おそらく、どんな瞑想でも心の波が静まり、雑念や悩みかから解放されるにつれて、安心感を感じるようになるはずですね。
私が実行している瞑想法は「マントラ瞑想」と「セドナ・メソッド」です。
どちらも甲乙付けがたい方法で、効果もあると実感していますが、人によって個人差はあると思います。
マントラ瞑想といっても正式なマントラを唱えているわけではないです。自分で作ったマントラ的言葉を繰り返し唱え続けています。
自分で絶対に良いと思える言葉(文章)を唱えています。これは、良いと思います。
祈りの一文でも良いですし、その他ことわざ的な詩や文章の一説でも良いと思います。
サンスクリット語等のマントラを信じることができる人は、それを唱えればいいと思いますが、私的には意味不明の言葉に価値を感じることができませんから、自分で作った言葉を唱えるようにしました。
セドナ・メソッドはいつでも実行できる、本当に素晴らしい方法です。手順も簡単ですし、何より瞬間的に心が変化するとき感動すら覚えますね。
じゃあ、セドナだけで良いじゃん。といいたいのですが、私の場合はたまに違う方法を実行したくなってしまうので、二つの方法をやりたいときにやりたい方を行なっています。
効果を期待しないで行なう方が良い結果が出るのは解っていますが、セドナ・メソッドはその場で効果が実感できるので、うまく行くときは感動ものですね。
瞑想は何を実行しても良いと思いますし、本質的には同じ方向へ向かっていると思います。正しい方法であれば。


瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義

イメージと観念

瞑想状態とは無念無想のことでしょうか?。 それも、瞑想状態でしょうが、私はイメージや観念を利用した瞑想をお勧めします。 無念無想は究極の状態だといえるでしょうが、その分大変難しいことだと感じています。 私の資質の問題もあるかもしれませんし、・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を柔らかくして

瞑想を行うときは心を柔らかくして行いましょう。 何を言っているのかというと、身体が硬いときには心も硬くなっていると言われています。 それで、ヨーガのような体操法が瞑想の前に組み込まれてきたのだと思います。 深い瞑想に入ろうと思っているときに・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を安静にする

瞑想というからには心を安静にして、静かに集中しているような状態を作り出す必要があります。 心地良いイメージを思い描いて心を安静にする方法もありますが、心が乱れているとイメージすら思い浮かべることが難しい場合があります。 そんなときは数息とい・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

最高の内観法「セドナメソッド」

最高の内観法に出会いました、それは、「セドナメソッド」という方法です。 特に優れているのは、簡単な自問自答で感情を解放していくことですが、その効果は絶大です。 他のどんな瞑想法でも独習では効果を実感できなかったのに、セドナメソッドは始めた日・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を落ち着けて

心を静かに落ち着けるために、古来より様々な方法が伝えられていますね。 代表的な方法では「数息」という、息の出入りを数える方法があります。 瞑想に興味のある人は知っていると思いますが、ただ、息の出入りを数えるだけのことが、案外難しいものです。・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義