心 落ち着き

心を落ち着けて:瞑想:気持好く楽しみましょう

心を落ち着けて揺ったりとしていると、何ともいえない良い気分に浸ることができると思います。瞑想では心を静かにすることが必要ですから、一つのことを考え続けて心を静めて行く必要があります。:心を落ち着けて:瞑想:気持好く楽しみましょう

心を落ち着けて

心を静かに落ち着けるために、古来より様々な方法が伝えられていますね。
代表的な方法では「数息」という、息の出入りを数える方法があります。
瞑想に興味のある人は知っていると思いますが、ただ、息の出入りを数えるだけのことが、案外難しいものです。
居眠りをしたり、他の考えに巻き込まれたりして、息の出入りを数え続けることができないことに驚くと思います。
私も最初に数息を知ったときは、こんな簡単な方法で瞑想状態になれるの?。と思いましたからね。
でも、実際には簡単な方法ではないんです。いや、方法は簡単ですが、奥の深い心の習性を熟知した方法ですね。
心は、一つの事に向かい続けると沈静してきます。静かになって落ち着いてきます。
居眠りとは違う心地よさを味わえるようになると、瞑想がやみつきになりますよ。
でも、そんな精神が安定して覚醒している状態というのは、いつでも経験できるものではありませんね。
居眠りになることも多いかと思いますが、それでも、継続しているとたまに何ともいえない心境になれるときが来ます。
その静かで安定した心の状態が瞑想の入り口です。
そう思って、意識を強くしすぎると、瞑想状態とは程遠い緊張状態になったりもします。
瞑想は難しい心境といえますが、人が本来的に備えている心境だともいえますから、だれもが、瞑想状態になれると考えています。


瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義

瞑想するほど安心できる

私が行なっている方法は、瞑想すればするほど安心感が広がってくるように感じます。 おそらく、どんな瞑想でも心の波が静まり、雑念や悩みかから解放されるにつれて、安心感を感じるようになるはずですね。 私が実行している瞑想法は「マントラ瞑想」と「セ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

イメージと観念

瞑想状態とは無念無想のことでしょうか?。 それも、瞑想状態でしょうが、私はイメージや観念を利用した瞑想をお勧めします。 無念無想は究極の状態だといえるでしょうが、その分大変難しいことだと感じています。 私の資質の問題もあるかもしれませんし、・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を柔らかくして

瞑想を行うときは心を柔らかくして行いましょう。 何を言っているのかというと、身体が硬いときには心も硬くなっていると言われています。 それで、ヨーガのような体操法が瞑想の前に組み込まれてきたのだと思います。 深い瞑想に入ろうと思っているときに・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を安静にする

瞑想というからには心を安静にして、静かに集中しているような状態を作り出す必要があります。 心地良いイメージを思い描いて心を安静にする方法もありますが、心が乱れているとイメージすら思い浮かべることが難しい場合があります。 そんなときは数息とい・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

最高の内観法「セドナメソッド」

最高の内観法に出会いました、それは、「セドナメソッド」という方法です。 特に優れているのは、簡単な自問自答で感情を解放していくことですが、その効果は絶大です。 他のどんな瞑想法でも独習では効果を実感できなかったのに、セドナメソッドは始めた日・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義