瞑想 心

心を柔らかくして:瞑想:気持好く楽しみましょう

瞑想を行うときは心を柔らかくして行いましょう。何を言っているのかというと、身体が硬いときには心も硬くなっていると言われています。それで、ヨーガのような体操法が瞑想の前に組み込まれてきたのだと思います。:心を柔らかくして:瞑想:気持好く楽しみましょう

心を柔らかくして

瞑想を行うときは心を柔らかくして行いましょう。
何を言っているのかというと、身体が硬いときには心も硬くなっていると言われています。
それで、ヨーガのような体操法が瞑想の前に組み込まれてきたのだと思います。
深い瞑想に入ろうと思っているときには、柔軟体操やストレッチで身体を柔らかくしてから、不動の姿勢を作って瞑想した方が深い瞑想に入れると言うことです。
もちろんヨーガのアーサナ等を実行すればさらに良いでしょう。
私的には、アーサナもストレッチも大差ないと思いますが(元々アーサナを参考に作られている)、アーサナは主にスシュムナー管を真っ直ぐにするためのもだといわれていますが、ストレッチは筋肉を伸展させて柔軟にするためのものです。
とにかく、自分の好みで好きな方法で身体を柔らかくして緊張を取り除くように工夫しましょう。
それから、精神的な作業に入った方が効率が良いということになります。
精神的な安定を得るために、身体を安定させるということが必要になるのです。
それでは、肉体的に不調な時は瞑想ができないかというと、そうでもないのですが、かなり難しいことになると思います。(私はそうでした)
その不調な身体を観察して気づいていればそれも瞑想なのですが、すぐに身体的感覚や想念に巻き込まれてしまうと思います。
それでも心を引き離してそれらを見守るようにすると、瞑想状態になれるのです。
始めはストレッチ等で身体を整えて、それから瞑想を行うことをお奨めします。


瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義

心を安静にする

瞑想というからには心を安静にして、静かに集中しているような状態を作り出す必要があります。 心地良いイメージを思い描いて心を安静にする方法もありますが、心が乱れているとイメージすら思い浮かべることが難しい場合があります。 そんなときは数息とい・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

最高の内観法「セドナメソッド」

最高の内観法に出会いました、それは、「セドナメソッド」という方法です。 特に優れているのは、簡単な自問自答で感情を解放していくことですが、その効果は絶大です。 他のどんな瞑想法でも独習では効果を実感できなかったのに、セドナメソッドは始めた日・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を落ち着けて

心を静かに落ち着けるために、古来より様々な方法が伝えられていますね。 代表的な方法では「数息」という、息の出入りを数える方法があります。 瞑想に興味のある人は知っていると思いますが、ただ、息の出入りを数えるだけのことが、案外難しいものです。・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

瞑想するほど安心できる

私が行なっている方法は、瞑想すればするほど安心感が広がってくるように感じます。 おそらく、どんな瞑想でも心の波が静まり、雑念や悩みかから解放されるにつれて、安心感を感じるようになるはずですね。 私が実行している瞑想法は「マントラ瞑想」と「セ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

イメージと観念

瞑想状態とは無念無想のことでしょうか?。 それも、瞑想状態でしょうが、私はイメージや観念を利用した瞑想をお勧めします。 無念無想は究極の状態だといえるでしょうが、その分大変難しいことだと感じています。 私の資質の問題もあるかもしれませんし、・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義