イメージ 観念

イメージと観念:瞑想:気持好く楽しみましょう

瞑想状態とは無念無想のことでしょうか?。それも、瞑想状態でしょうが、私はイメージや観念を利用した瞑想をお勧めします。無念無想は究極の状態だといえるでしょうが、高度で大変難しいものです。:イメージと観念:瞑想:気持好く楽しみましょう

イメージと観念

瞑想状態とは無念無想のことでしょうか?。
それも、瞑想状態でしょうが、私はイメージや観念を利用した瞑想をお勧めします。
無念無想は究極の状態だといえるでしょうが、その分大変難しいことだと感じています。
私の資質の問題もあるかもしれませんし、方法に問題がある可能性もあるのですが、無念無想を目指す瞑想法でうまくいっている人を私は知りませんので、イメージや観念を利用しています。
その方法は、理想の状態を思い描く(想像する)だけの至ってシンプルな方法です。
鮮明なイメージは難しいのですが、ぼんやりとしたイメージでも相当な効果がありますから、是非実行してみてください。
揺ったりと寛いだ状態を作って、理想の自分を想像していくことから始めましょう。
初めから、完璧を目指してはいけません。
ある程度の状態で満足するようにしましょう、そして寛ぎとうたた寝をして、夢を見ているような状態を作り出すことに成功したら、かなりはっきりしたイメージを見ることができるはずです。
私もいつもできるわけではないですが、居眠りと瞑想の境目のような状態の時が、一番鮮明なイメージを見ることができる瞬間です。
気楽に実行してみることをお勧めします。


瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義

心を柔らかくして

瞑想を行うときは心を柔らかくして行いましょう。 何を言っているのかというと、身体が硬いときには心も硬くなっていると言われています。 それで、ヨーガのような体操法が瞑想の前に組み込まれてきたのだと思います。 深い瞑想に入ろうと思っているときに・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を安静にする

瞑想というからには心を安静にして、静かに集中しているような状態を作り出す必要があります。 心地良いイメージを思い描いて心を安静にする方法もありますが、心が乱れているとイメージすら思い浮かべることが難しい場合があります。 そんなときは数息とい・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

最高の内観法「セドナメソッド」

最高の内観法に出会いました、それは、「セドナメソッド」という方法です。 特に優れているのは、簡単な自問自答で感情を解放していくことですが、その効果は絶大です。 他のどんな瞑想法でも独習では効果を実感できなかったのに、セドナメソッドは始めた日・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心を落ち着けて

心を静かに落ち着けるために、古来より様々な方法が伝えられていますね。 代表的な方法では「数息」という、息の出入りを数える方法があります。 瞑想に興味のある人は知っていると思いますが、ただ、息の出入りを数えるだけのことが、案外難しいものです。・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

瞑想するほど安心できる

私が行なっている方法は、瞑想すればするほど安心感が広がってくるように感じます。 おそらく、どんな瞑想でも心の波が静まり、雑念や悩みかから解放されるにつれて、安心感を感じるようになるはずですね。 私が実行している瞑想法は「マントラ瞑想」と「セ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

瞑想を体現する ≫≫ 瞑想法奥義